肌の乾燥対策

冬は乾燥が気になる季節です。湿度が下がり暖房で空気が乾燥してしまいます。肌が乾燥すると、ニキビができやすくなったり、老けた印象になってしまいます。きちんと乾燥対策をして美肌をキープしましょう。

熱いお風呂は肌を乾燥させる原因のひとつ

お肌を保湿させるためには、毎日ぬるめの湯にゆったりと浸かることが大切です。
時間にして15分程度浸かるのが好ましいため、湯温は38~40度くらいに設定するべきです。
半身浴ならば20分以上入浴してものぼせにくいです。
熱いお湯は肌を乾燥させる原因となるので避けましょう。
また、温熱作用が十分に発揮できず、皮膚の表面だけ熱くなります。
交感神経が活発になってストレスが溜まるなど、熱い湯に入浴するのはデメリットのほうが大きいです。

乾燥を促すメカニズムは、皮脂を除去しすぎてしまうからです。
皮脂には体内の水分蒸発を防いで保湿する役割があります。
熱いお湯が大好きという方は、自分自身で乾燥肌を招いているのです。
乾燥した肌は敏感になるので、さらにトラブルを引き起こすという悪循環になります。

ぬるめの湯だと身体が温まらないと感じるかもしれませんが、ゆったりと入浴すれば芯までポカポカになります。
熱いお湯だと皮膚は熱くなりますが、芯まで温熱作用が及ぶ前にのぼせます。
結果として本人は温まったつもりでも、身体は冷えたままという状況になります。

入浴できない日は、フットバスで足を温めてあげましょう。
足浴なら42度くらいに設定してものぼせることはありません。
全身浴や半身浴の場合よりも湯温を高くしても大丈夫です。
ただし、44度などと高く設定してしまうと、心臓に負担をかけるので注意が必要です。

入浴後はコップ一杯の水を飲んで水分補給をしましょう。
冷水は身体を冷やすので、少し温かい程度の湯温がいいです。
カフェインを含まないお茶を飲むのもおすすめです。
入浴すると水分が失われるので、水分補給をして細胞を保湿しましょう。
ドロドロした血流をサラサラにする働きもあります。

■肌のケアの次は眉毛やまつ毛のケアもしてみましょう
ケアプロストで眉毛も育毛できる